青森地方法務局人権擁護課がまとめた2016年中の人権侵犯事件の状況によると、新たに救済手続きを開始したのは199件で、前年比22件増となった。暴行・虐待や労働権に関する事案の増加が目立った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。