県教委は16日、2017年度の県立高校入学者選抜(高校入試)再募集の出願状況を発表した。全日制は募集人員555人に対し出願者が156人で、平均倍率は0・28倍。青北今別は出願者がなく、4月の入学予定者がゼロとなることが決まった。県教委によると、全日制高校の入学者ゼロは現状では例がなく極めて異例。定時制は342人に対し出願者56人で、平均倍率は0・16倍だった。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。