県経営者協会の沼田廣会長と連合青森の内村隆志会長が13日、県庁を訪れ、県外への人口流出対策に向け、安定的な雇用創出や就業支援などに取り組むよう県に要請した。
 【写真説明】佐々木副知事に要請する内村会長(中央)と沼田会長(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。