越前織とコラボ―。弘前市市民課窓口などを担当する職員が13日から、福井県坂井市の伝統産業、越前織で作られたオリジナルのネームストラップを着用する。ストラップには越前織職人の高い技術で岩木山や桜、リンゴなどが描かれ、弘前市ではまちの魅力のPRに活用する考えだ。
【写真説明】13日から窓口職員が着用する越前織オリジナルストラップ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。