八戸市の種差海岸で11日、東日本大震災の犠牲者を追悼する催しが開かれた。地震が発生した時刻の午後2時46分には約400人の参加者が手を取り合い、海に向かって黙とうをささげ、犠牲者に鎮魂の意を示した。
 【写真説明】手を取り合い、海に向かって黙とうをささげる参加者=11日午後2時46分ごろ、八戸市の種差海岸

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。