黒石市議会定例会は10日、一般質問を続行し、工藤和子(市民クラブ)、工藤禎子(共産)、大溝雅昭、中田博文(自民・公明)の4氏が登壇。髙樋憲市長ら理事者側は(1)市庁舎耐震対策としての機能分散で、新年度はまず黒石公民館と旧農林総合研究センター別館の改修工事を予定(2)人形ねぷた製作団体減少対策として、当初予算の枠内で有効な支援ができるよう要綱改正する―などと答弁した。定例会は12日まで休会し、13、14日に予算特別委員会を開く。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。