東北電力と北海道電力は10日、両社の原発で原子力災害が発生した場合、地域住民の避難支援について相互協力することで基本合意したと発表した。地理的に近いことから、応援要員を迅速に派遣できると判断した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。