7日の県内は冬型の気圧配置の影響で、津軽地方を中心に断続的な降雪に見舞われた。ここ数日の春の訪れを感じさせる温暖な気温から一転し、前日から約20センチも積雪が増えた弘前市では、早朝から市民らが雪片付けに追われていた。
 青森地方気象台によると、6日午後から津軽地方を中心に雪が降り続き、7日午前10時現在の積雪は、弘前市で85センチ、平川市碇ケ関で113センチに達した。
【写真説明】自宅前の雪かきに追われる市民=7日午前10時30分ごろ、弘前市城東中央1丁目

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。