弘前市の県武道館で4、5日、「第4回東北ブロックYEGフットサル大会in弘前」が行われ、東北6県を中心に集まった選手たちが白熱の戦いを繰り広げた。熱戦の結果、地元開催大会での優勝を目標に掲げていた「弘前YEG Aチーム」が初の栄冠を勝ち取った。
 最終日の5日は、決勝トーナメントが行われ、弘前YEG Aチームが初戦から1点も許さず決勝まで勝ち進んだ。決勝では序盤から山形県連YEGを攻守で圧倒。前半、三浦和也主将が2ゴールを奪い、流れに乗ると、相馬克哉選手が3点目を決めた。後半にも相馬選手、島川聖栄選手が得点し、5―0と圧勝した。
【写真説明】決勝で先制点を決める弘前YEG Aチームの三浦主将(中央)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。