2月に起きた平川市職員が旧小国小・中学校で除雪作業中に天窓から転落して死亡した事故を受け、長尾忠行市長は6日、新条例を制定して遺族に弔慰金を支給するほか、自身の4~8月の給料を毎月1割減額、古川洋文副市長の4~6月の給料を毎月1割減額すると述べた。市議会定例会一般質問で工藤竹雄氏(無所属)に対する答弁。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。