大学生の関わりを軸にした子どもの貧困支援について考えるシンポジウム「大学生と『子どもの貧困』―広がる『居場所』づくり―」が4日、弘前大学で開かれた。子ども食堂や学習支援の現場で活動する人々からの報告を通じ、出席者が子どもの貧困支援の可能性や課題について意見交換した。
 【写真説明】子どもの貧困支援について活動報告が行われたシンポジウム

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。