歌舞伎座(東京都中央区)で3日から開かれている「三月大歌舞伎」に、「河東節十寸見会」の浄瑠璃の語り手の一人として弘前市の山彦阿以子(本名・篠村愛子)さん(72)が17、18、26日の3日間、舞台に上がる。歌舞伎座出演は2013年の「柿葺落六月大歌舞伎」以来4年ぶりで、山彦さんは「光栄なこと」と仕上げの稽古に励んでいる。
 演目は歌舞伎十八番の一つ「助六由縁江戸桜」。市川海老蔵さんが主役の花川戸助六を務める。
【写真説明】本番に向け、稽古に励む山彦さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。