12日に施行される改正道交法では自動車免許に「準中型」が新設され、18歳から車両総重量7・5トン未満のトラックを運転できるようになる。中型免許に比べて取得の敷居が下がり、運送業界で若者の積極的な採用が期待される一方、新規普通免許は運転可能な車の範囲が縮小される。現行法の普通免許で運転できる小型トラックが、新規普通免許では車両総重量超過で運転できなくなる。今回の改正によりさらに自動車免許が細分化されることで、無意識に無免許運転をしてしまうリスクもあり、注意が必要だ。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。