鯵ケ沢町の東條昭彦町長は、2日の町議会定例会初日で、町役場庁舎を移転する計画があることを明らかにした。東條町長は2017年度の施政方針を説明する中で、移転構想について「現在の庁舎は昭和48(1973)年に建設されたもので、以来43年が経過し、老朽化による設備の故障や修繕に多額の費用を要している」と述べ、併せて庁舎は新耐震基準を満たしておらず、災害での倒壊、浸水などが懸念されているとも説明した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。