弘前市内のアパレル産業強化を狙い、世界的なファッション教育機関「エスモード」の学生がデザインし、同市内の縫製会社が製品化した洋服の販売が1日、東京・原宿のファッションビル「ラフォーレ原宿」で始まった。学生たちが店頭で接客し、デザインのコンセプトや縫製技術の高さをアピールした販売は6日まで。
【写真説明】デザインした洋服について来店客に説明する学生(左)=1日、東京・原宿

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。