つがる市は28日、2017年度当初予算案を発表した。一般会計総額は222億5000万円で、前年度当初比7・3%(17億4000万円)減となり、合併後最大の予算額となった前年を大きく下回る合併後4番目の予算規模となった。車力小学校や「(仮称)総合健診センター」などの大型建設事業が16年度で終了したため。17年度は最大の課題である人口減少対策に重点を置き、若者の定住などに向けた地方創生事業や基幹産業・農業の促進を強化する事業を中心に据えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。