藤崎町内の各種団体がオリジナルレシピの鍋料理でトップを競う「第8回なべワン―グランプリin停車場通り」が26日、同町藤崎地区の中心街で開かれ、家族連れら大勢の人々でにぎわった。今年は10店が工夫を利かせた自慢の鍋を用意しエントリー。割り箸による投票の結果、「蕎麦(そば)屋の牛すじ煮込み鍋」を出したそばの矢車が3度目の出場で初のグランプリを獲得した。
【写真説明】各団体が工夫したオリジナルの1杯を仲良く味わう児童

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。