「第32回棟方志功大賞県下小・中学生あおもり版画まつり」(陸奥新報社、青森大学、日本板画院青森支部主催、青森県民共済生活協同組合特別協賛)の表彰式が26日、弘前市のさくら野弘前店4階文化ホールで行われた。
 今回は県内231小学校と6中学校から計1万8377点が寄せられた。式では陸奥新報社の三上知見社長が「作品を一生懸命作った皆さんと、熱心に指導された先生方に心から敬意を表します」とあいさつ。保護者らが見守る中、主催団体の各代表が上位入賞者に表彰状や盾を伝達した。
【写真説明】三上社長から表彰を受ける大賞の牡丹平小学校(黒石市)6年の佐藤莉央君

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。