第75期将棋名人戦A級順位戦の最終9回戦全4局が25日、東京都渋谷区の将棋会館で一斉に指され、深夜に及んだ対局の結果、首位の稲葉陽八段(28)が森内俊之九段(46)を千日手(引き分け)指し直し局の末に破り、佐藤天彦名人(29)への初挑戦権を決めた。弘前市出身で前期2位だった行方尚史八段(43)は渡辺明竜王(32)に惜敗し、今期戦績を4勝5敗とした。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。