プロバスケットボールBリーグ2部(B2)の青森ワッツは25日、熊本県立総合体育館で、西地区3位の熊本ヴォルターズと第20節第1戦を行った。ワッツは第3クオーターでの拙攻が響き、最終クオーターで猛追するも一歩及ばず、83―87で敗れた。今季通算16勝23敗で順位は東地区4位のまま。
 5点差で折り返した第3クオーター、さらに攻め込みたいワッツだったが、相手のディフェンスに阻まれて攻撃の勢いをそがれてしまう。
 最終クオーターでは、館山健太や永山雄太が相手の隙を突いて得点。アラン・ウィギンスら外国人選手も躍動して一時2点差まで詰め寄った。しかし残り30秒で下山大地が放った2本の3点シュートが決まらず、逆転はかなわなかった。
写真説明【第20節第1戦・青森―熊本戦】第4クオーター、シュートを決める青森のアラン・ウィギンス選手=熊本県立総合体育館