五所川原市は23日、2017年度当初予算案を発表した。一般会計総額は344億8200万円で、前年度当初比7・4%(23億8000万円)増。建設最終年度を迎える新庁舎本体の建設工事など大型建設事業費が計上され、合併後で2番目の予算規模となった。元金ベースのプライマリーバランス(基礎的財政収支)は6年連続の赤字と厳しい財政事情ながら、若者の定住促進や交流人口増加に軸足を置いた事業を展開し、活力あるまちづくりを目指す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。