2016年度の狩猟免許試験に合格して免許を新規取得した県内の人数が160人に上り、31年ぶりに100人を超えた。特に20、30代が増えて取得者全体の半数超を占める。試験の事務局を務める県自然保護課は「近年、狩猟に関する話題が多くなり関心が高まったのでは」と話す。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。