JR東日本が5月1日から運行開始するクルーズトレイン「トランスイート四季島」で、接客を担当するトレインクルーが五所川原市金木町で津軽組ひもを作っている川口良子さん(72)の工房を訪れた。乗務員の制服襟に、津軽組ひもがアクセントとして付けられることから作り方を体験したもので参加者は「この経験を踏まえ、東北の良さ、温かさをお客さまに伝えたい」と話した。
 【写真説明】川口さん(右から2人目)の指導を受けながら津軽組ひも作りを体験するトレインクルー

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。