春に向け、着々と―。弘前市の弘前公園で20日、桜の剪定(せんてい)作業がスタートし、市公園緑地課職員がのこぎりなどで枯れ枝を切り落とし、待ち望む春に“日本一の桜”を咲かせるため、作業を進めた。3月末まで行われる。
 【写真説明】春に向け、園内では市職員が手際よく桜の剪定作業に励んだ=20日午前9時35分ごろ

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。