三村申吾知事は20日、県庁内で記者会見し2017年度一般会計予算案について説明、新年度予算案を「未来をつむぐ・チャレンジ予算」と表現し、人口減少社会や超高齢化社会に向けた中長期的な取り組みを着実に前進させることへの意気込みを示した。27年ぶりに実現した基金取り崩し額ゼロの収支均衡予算については今後の継続に向けた気概を語った。
 【写真説明】会見で、新年度予算について思いを語る三村知事

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。