青森市の劇場「シネマディクト」で上映している人気アニメ映画「この世界の片隅に」の映像素材に、未完成版が含まれていたことが20日までに分かった。
 同館と配給元の東京テアトルによると、東京テアトルの手配違いが原因で、観客の指摘から判明した。未完成版の配給は同館のみで、18日から完成版を上映している。未完成版が上映された昨年12月30日から今月14日までの観覧客に限り無料で再観可能とした。上映は3月17日まで。
 鑑賞できない場合は、東京テアトルが未完成版上映期間中の有料鑑賞券半券と引き換えで返金する。問い合わせは東京テアトル映像事業部(電話03―3355―1013、平日午前10時~午後6時)へ。対応期間は3月31日まで。