つがる市車力地区の牛潟、車力、富萢3小学校が統合し、新年度から開校する「車力小学校」の完成見学会が19日に開かれた。明るく開放的で、冬期間も校内で運動できる校舎となっており、春から通う児童から「とてもわくわくする」といった声が聞かれた。
 新校舎は昨年12月に完成。鉄筋コンクリート造の3階建てで、校舎の延べ床面積は4060平方メートル、体育館は1224平方メートル。隣接する車力中学校と渡り廊下で連結し、小中連携教育についても期待されている。
【写真説明】つがる市とバス市を結ぶ波が描かれたクライミングウオール

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。