「はつかり」「はくつる」(上野―青森駅)などで活躍した特急形寝台電車「583系」について、JR東日本秋田支社は17日、4月8日の弘前―秋田駅の運行を最後に引退すると発表した。国鉄時代から走り続け、現在はJR東管内唯一の583系は同日、旅行商品による運行で有終の美を飾る。
 4月8日は記念乗車証と弁当付きで、弘前―秋田駅を往復する日帰り旅行商品「さようなら583系」が運行される。弘前駅発の商品は午前10時に出発し、午後5時7分に同駅に戻る。
 商品は今月20日午後2時から、びゅう予約センター弘前(電話0172―32―2229)などで予約を受け付ける。定員300人(最少催行200人)で、大人8800円、子ども5000円。4月8~30日には弘前、秋田両駅限定で、引退記念入場券も各駅1000セット販売される。
【写真説明】国鉄時代から走り続け、4月8日に最終運行を迎える583系=JR東日本秋田支社提供

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。