西目屋村の津軽ダム工事事務所は、地域のイベントと連携して冬のライトアップを行っている。日没後の漆黒に染まった白神山地を背に、ささめ雪と白い光を浴びて幻想的に浮かび上がる津軽ダムの姿を楽しめる。26日まで。
 昨冬に引き続き、今年も白神山地ビジターセンターで開催される「ニシメヤ冬フェスティバルn2017」と乳穂ケ滝ライトアップに合わせて実施。津軽ダムパークまでの通路と周辺の広場に作ったミニかまくらに明かりをともし、来場者を出迎えている。
 17日夜は時折強く吹き付ける風が雪を巻き上げ、津軽ダムを下から照らす白い光と相まって幻想的な姿を見せていた。
 ライトアップは午後5~9時で、土曜日にはライトの色が変わる仕掛けも用意している。ミニかまくらは期間中の金、土、日曜日に明かりがともされる。
【写真説明】ライトアップされ、日中とは異なる表情を見せる津軽ダム