弘前市と弘前警察署は15日、市が2017年度の弘前さくらまつりと弘前ねぷたまつりの期間中に「イベント民泊」を実施するに当たり、暴力団などの反社会勢力の関与を排除し、イベント民泊を安全かつ円滑に行うための協力確認書を締結した。
 市は17年度、イベント期間中の宿泊施設不足に対応するため、自治体の要請に応じて住民が自宅を宿泊場所として提供するイベント民泊を試験的に実施。ホテルや旅館は宿泊約款により反社会勢力の排除規定を設けており、イベント民泊でも同様の対応ができる体制を整えるため、市暴力団排除条例と市暴力団排除措置要綱に基づく確認書の締結に至った。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。