中弘南黒地区自衛隊入隊予定者激励会が15日、弘前市民文化交流館ホールで開かれ、入隊予定の高校生ら59人が、保護者ら関係者約200人が見守る中、自衛官として働く決意を誓った。
 第39普通科連隊本部管理中隊の白戸明弥一等陸士が歓迎の言葉を贈り、入隊予定者代表の後藤唯花さん(黒石高校3年)が「これまで以上に自分の行動に責任を持ち、自衛官として社会に貢献できるよう日々研さんに励む」と誓いの言葉を述べた。
【写真説明】入隊予定者を代表して決意を述べる後藤さん

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。