日本原燃(六ケ所村)は15日、1月に原子力規制委員会に提出した安全管理問題の是正措置計画の修正版を2月中に提出することを目指す考えを示した。同日は規制委が計画を審議する2回目の会合を開き、原燃が説明をおおむね終えた。
 計画をめぐっては、規制委が2月初めの前回会合で「本当に機能するのか十分に理解できない」とし、資料の追加や再整理を要求。これを受けて原燃はこの日、▽安全・品質本部の改革▽監査室の独立性▽職場風土の改善―などについて資料を整理し直した上で改めて説明した。
 規制委は修正版を見て計画が妥当かどうかを最終的に判断する。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。