弘前実業高校藤崎校舎(笹浩一郎校長)の特別非常勤講師による草花実習が14日、藤崎町の同校舎で行われた。田舎館村の花卉(かき)生産者中山勝晴さんが、草花経営の要点や鉢花の交配技術について指導した。
 中山さんは旧藤崎園芸高校出身。花の鉢物生産を行っているほか、プリムラの育種にも力を注いでいる。
【写真説明】中山さん(中央)の講義を受ける草花班の生徒ら

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。