弘前城雪燈籠まつり(会場・弘前公園)は11日、爽やかな青空が広がる絶好の行楽日和に恵まれ、11万人(まつり本部発表)の来場者が冬の和やかなひとときを満喫した。園内では、市民参加型のワークショップアート「雪桜」が始まり、雪壁に桜色の素材を設置し、まるで桜が咲き誇っているかのような「雪桜」アートへの参加を楽しんだ。祭りは12日まで。
 弘前市は祭りに合わせ、冬の新たな観光コンテンツ「弘前デザインウィーク(弘前DW)冬事業」を展開。市民参加型のワークショップアート「雪桜」はその一環で、グラフィックデザイナーの堤岳彦さん=神奈川県=がアートを監修した。
 11日の同園南内門付近には、テグスで桜の型枠を張り付けた巨大な雪の傾斜面が登場。
 会場を訪れた親子連れらは、桜の花びらを思わせる2種類の桜色の素材を雪壁に取り付けながら、冬の古城を舞台に一足早い春を演出したアート「雪桜」の世界に触れた。
 12日は午前10時から午後4時まで、自由参加で行われる。午後4時以降はライトアップし、展示される。
【写真説明】参加者が桜色の素材を雪壁に差し込み、冬の古城に鮮やかな桜を咲かせたワークショップアート「雪桜」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。