弘前市の聖愛高校硬式野球部の3年生は今年、“卒業献血”に取り組んだ。6日は、副主将を務めていた細川童生さんと原田一範監督が弘前献血ルームを訪れ、冬季に不足する献血の確保に協力、県赤十字血液センターでは「卒業献血が輪となり広がってほしい」と期待する。
【写真説明】卒業献血に協力する、聖愛高校野球部の細川さん(左)と原田監督

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。