文芸、演劇、映画など多分野で活躍した寺山修司(本県出身)の知られざるエッセーが連載された、シチズン商事=シチズン時計(本社東京都)に合併=発行の社内広報誌「シチズンセールスニュース」の一部が8日、シチズン時計から、エッセーの自筆原稿を所蔵する県近代文学館(青森市)に寄贈された。掲載先調査に携わり、寄贈に立ち会った青森大学の久慈きみ代教授は「青森県にとって貴重な資料でありがたい」、シチズン史料室の坂巻靖之室長は「(久慈さんの来社が)なかったら詳細は分からなかった。シチズンの歴史が広く活用されるのは名誉なこと」とそれぞれ述べた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。