任期満了に伴う外ケ浜町長選(3月21日告示、同26日投開票)をめぐり、青森市の無職山崎結子氏(35)が7日、立候補する意向を表明した。山崎氏は自民党の元参院議員力氏の次女だが、無所属で出馬する予定。現職の森内勇氏(78)も本紙取材に4選出馬を明言した。同町長選はこれまで森内氏が2期連続で無投票当選しているが、山崎氏の出馬表明に立ち会った神山久志自民党県連幹事長は、有権者に選択肢を提供する必要性を強調。これに対し、森内氏は行政の継続性を訴えた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。