アーチェリー部のある高校10校を擁し、オリンピック選手を輩出するなど東北では最も競技が盛んな本県。中弘南黒地方では、弘前実業高校藤崎校舎(笹浩一郎校長)が唯一、アーチェリー部を持つ。しかし、同校も2019年3月には閉校するため、中弘南黒地方の高校からアーチェリー部がなくなる見通し。同校の部員も2人きりとなったが、少しでも技術を高めようと、今冬も弘前大学との合同練習に励んでいる。
【写真説明】大学生らに交じって練習する弘実藤崎校舎のアーチェリー部員(左から2、4人目)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。