弘前市境関のキタエアップル(鍛賢次代表取締役社長)は6日、リンゴを使った弘前発の地サイダー「青森アップルソーダ」を発売した。津軽地方産のリンゴ果汁をぜいたくに使った爽やかな味わいの品で、香料・着色料不使用もポイント。当面は市内の観光施設などで販売していく。
【写真説明】「青森アップルソーダ」をPRする(左から)高田順子代表と葛西俊宣通販部長

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。