だしのうま味を活用して減塩を推進する「だし活」を若者世代にも広く知ってもらおうと県は5日、県事業「あおもりメディアラボ」の参加者を中心とするプロジェクトメンバーと連携し、弘前市の弘前学院聖愛高校でウェブ用CMの撮影を行った。本県住みます芸人「キューティーブロンズ」らが高校生の男女を演じ、恋の駆け引きとだしのうま味を絡めたストーリーで若者世代に「だし活」をPRする狙いだ。
【写真説明】学生らが「だし活」をPRしようと制作に臨んだCM撮影現場

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。