県山岳遭難防止対策協議会弘前支部(支部長・齊藤重光弘前警察署長)は4日、冬山遭難を想定した救助訓練を弘前市の岩木山百沢スキー場で行った。捜索器具の使い方や雪崩の仕組みを学び、緊急時に備えて知識を深めた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。