弘前市立観光館内に、飲食テナント「食事処追手門」が7日、オープンする。昨年5月以来、空き店舗となっており、市の観光の“拠点”である同館での食事ができない状態が続いていたが、市が公募型プロポーザルでテナントを募集。出店する「介護サポート」(本社・弘前市富田3丁目)の三上貴生代表取締役は「観光面も大事にしつつ、周辺の企業の会社員らにも、日ごろから活用してもらいたい」とPRした。
 営業時間は午前11時~午後6時(ラストオーダーは午後5時半)。オープンを記念し、7、8日の2日間にわたり、同社が手掛ける福祉施設の利用者や、同社が出陣する弘前ねぷたまつりに一緒に参加している常盤野小中学校の児童生徒ら約50人を無料で招待する。
 【写真説明】7日にオープンする弘前市立観光館内の「食事処追手門」

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。