県りんご協会(藤田光男会長)主催の今年の「冬期りんご講座」が1日、県内のリンゴ産地で始まり、リンゴ生産者が良品生産に向けた剪定(せんてい)や、最新の病害防除の方法を学んだ。26日までの間、同協会の役職員らが同協会の270支会を巡回する予定。
 【写真説明】弘前市中別所で実技指導を行った奈良正史総括主管(左)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。