1日の県内は低気圧が上空を通過した影響で冬型の気圧配置となり、午後から津軽を中心に雪となった。弘前市では昼すぎから断続的な雪に見舞われ、日中50センチ台だった積雪が午後8時には71センチにまで達した。
 2日は冬型の気圧配置が強まるため全域で雪や曇りで、ふぶくところがあるなど荒れた天気となる見込み。同気象台は大雪や電線などへの着雪、強風や吹雪による交通障害、落雷、突風に注意を呼び掛けている。
 【写真説明】吹雪の中、ヘッドライトをつけて走る車が見られた=1日午後4時35分ごろ、弘前市上白銀町

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。