弘前中央高校食物部の女子生徒11人が1月30日、弘前市熊嶋の「児童発達支援センターはぁと」を訪れ、利用者の子どもたちと一緒に体を動かしたり、手作り菓子をプレゼントしたりして交流した。
 【写真説明】手作りマフィンを利用者の児童に手渡す生徒

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。