青森ねぶた祭実行委員会(奈良秀則実行委員長)は31日、青森市内で会合を開き、有料観覧席料金を2600円から400円値上げし、3000円とする改定案など、協議事項2件を了承した。値上げは有料観覧席利用者数の減少などによるもので、円滑な祭り運営や観光客へのサービス維持が理由。消費増税に伴い100円値上げした2013年度を除くと、実質的な観覧席料金は約20年ぶりの値上げとなる。奈良実行委員長は経費圧縮に努めた上での判断として「将来のさまざまな備えが現状のままではできない」と理解を求めた。
 同日は、同市の青い海公園に設置するラッセランドの修繕費として、同委員会の積立金から約326万円を取り崩すことも了承した。