日本原燃(工藤健二社長)は30日、ウラン濃縮工場(六ケ所村)の保安検査に絡み、同社安全・品質本部が事実と異なる評価結果をまとめ社内で報告した問題で、原子力規制委員会と県、県議会、村などに是正措置計画を報告した。同本部と監査室トップ人事を刷新し、同本部長の副社長を降格、取締役と執行役員を減給とした。計画ではこれまでの全社対応委員会を、社長の指示・命令機関として権限を強化した「安全・品質保証改革委員会(仮称)」に改組し、同本部を含めた全社的な監視体制を担わせる。
 【写真説明】是正措置報告を前に頭を下げ、陳謝する工藤社長(右)

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。