財務省が30日発表した貿易統計によると、2016年産国産リンゴの昨年12月の輸出量は前年同月比21%減の6828トンで、過去10年で2番目に多かった。16年産の取引が始まった昨年9月からの累計も1万6640トンで過去2番目の高水準を維持するが、需要のピークである春節が例年より早く、県国際経済課は「環境は前年より厳しい。年間3万トンを大きく超えるのは難しい」との見通しを示した。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。