田澤
日出穂さん

 津軽塗伝統工芸士の田澤日出穂さん(83)=弘前市=が1982年から制作し、八甲田神社名誉宮司の小笠原定彦さん(青森市)を通じて全都道府県の神社やその神職に奉納されたユニークな津軽塗の笏(しゃく)が、昨年で500本に達した。小笠原さんによると、笏は神事で実際に使用され、新たな交流が生まれるきっかけにもなっているという。田澤さんは開始から35年を経た500本の声に「これまでよく務めたなあと初めて感じた」と控えめに感慨に浸る。

※詳しくは本紙紙面をご覧ください。