東北地方環境事務所が25日に発表した2016年度(5~11月)の白神山地世界遺産地域と同周辺地域の入山者数調査結果によると、その合計は3万2224人となった。今年度から計測箇所を変更したため、15年度以前との単純比較はできないが、15年度比では約7000人増で、3万人を超えたのは12年度以来。暗門の滝は15年度比約9割減となったが、新規に計測箇所に加えたブナ林散策道が2万1603人で、全体の数字を押し上げた。
※詳しくは本紙紙面をご覧ください。